Stalab!

大阪・四ツ橋線本町駅すぐにある
就活スペース『スタラボ』

学生応援企業人事担当者紹介

TOP > 人事担当者紹介 > 世の中の構造や仕組みがわかることが面白い
世の中の構造や仕組みがわかることが面白い

人事担当者紹介

自分自身を振り返ったり、色々な会社を見る機会って人生で就職活動の時しか無いと思うので就活を楽しんで欲しいです。

ー Profile

会社名 株式会社ベルチャイルド  企業紹介
業界 IT
部署名 人事部人事労務課

名前 本間盛行
趣味 映画鑑賞
 
ー ご自身の就職活動について

私が就職したのは28歳と遅かったです。数学研究者になりたいという夢があり大学院博士課程に進みましたが、厳しい世界ですし生活する上でお金も必要でしたので中退しました。
当時は、バブルが崩壊して間もないくらいの時期でしたが、まだ売り手市場でした。ITという言葉さえ無かった頃です。
合同説明に参加し、色々な会社を見学しました。色々な業界の裏が覗ける。世の中の構造や仕組みがわかることが面白いと感じてBtoBのシステム開発会社に入社しました。
 
ー 今の会社に入った経緯
1社目に入社した会社の倒産、2社目に買収転職、フリーランス活動と紆余曲折あり、3社目に転職した北海道のシステム開発会社。この会社から東京に営業活動に行った際、ベルチャイルド代表の藤田に出会いました。当時は、ベルチャイルドが進める開発プロジェクトの外部パートナーとして大阪に出向していました。そんな中、会社が倒産し、藤田に相談した結果、ベルチャイルドに誘われ、エンジニアとして入社しました。
 
ー 仕事のやりがいは何ですか?
エンタープライズIT(BtoBのシステム開発)では、大企業や公的機関のシステムを開発しています。クライアントが求めている要望を如何にシステム化させるかという翻訳家のような仕事です。世の中にとって必要で、無くなることが無い仕事です。もちろん大変な事も多いですが要望をカタチに変えられた時には、やりがいを感じられると思います。
 
ー 面接の際、学生の何を見ていますか?

抽象的な言い方ですが、就職活動のマニュアル本のような言葉ではなく、その人自身の言葉で話しているかどうかです。
今現在の学生を見たいのではなく、過去にどんな経験をしてどう変わったのかを聞くことで、今後どのような変化・成長があるかを見ています。
文系理系は、一切関係ありません。今年は、文系採用が6割です。経験ゼロでも入りやすい教育システムが充実しているからだと思います。
今、当社で一番成長しているのは、文系の女性です。文系なのにITを選ぶという覚悟だったり、ビハインドを理解した上でチャレンジするから圧倒的に努力するんですよね。