Stalab!

大阪・四ツ橋線本町駅すぐにある
就活スペース『スタラボ』

学生応援企業人事担当者紹介

TOP > 人事担当者紹介 > 男性も女性も活躍できるフィールドがあります!
男性も女性も活躍できるフィールドがあります!

人事担当者紹介

多くの情報を簡単にネットで入手できる時代ですが、自ら足を運び、自分の眼で色々とみて会社選びをして欲しいですね。知りたい情報は、現場でしか分からないものです。悔いのないように頑張ってください!

—profile
会社名 マツオインターナショナル株式会社
 企業紹介
業界 アパレル
役職 情報管理部 主任
名前 藤原 哲郎



趣味 アコースティックギター、釣り、洋服
 
—学生時代どんな学生でしたか?
大学では、経済学を学んでいました。客観的に物事を捉える感覚が身に付いたと感じています。塾講師のお仕事もしていました。大学受験生を中心に担当していましたので、夏休みなどの長期休暇も、志望校を目指して学生と塾に籠っていました。担当していた生徒が、志望校に合格したときの喜びはひとしおでした。趣味は、アコースティックギターと釣りです。複数ギターを所有したり機材を揃え音作りをしたり、ルアーを自作してしまう程の拘りっぷりです。自然や音楽に触れることで、感性が磨かれ、気持ちもリフレッシュできています。
 
—自身の就職活動について教えてください!
一度限りの新卒就職活動なので、まずは業界を絞らず幅広く見ていました。食品メーカー、家電メーカー、金融、公務員、アパレルetc。次第に、”こんな会社に就職したい”という軸ができました。
 
—現在の会社で働くきっかけを教えてください!
通学途中だった三条駅の古着屋巡りに毎週行く程、洋服が大好きでした。ありふれたお洋服よりも、一点モノのヨーロッパ古着やヴィンテージを組み合わせる感覚が大好きでした。学生時代にどんどん洋服に興味が沸き、自然とアパレル企業も就職先として考えるようになりました。そんな中、アパレル企業の合同説明会でマツオインターナショナルのブースに行ったのが、初めての出会いです。多くのアパレル企業の話を聞く中で、マツオインターナショナルの”ものづくりへのこだわり”、”新しさを発信していく想い”を感じました。また、社員の活気があり、仕事はまじめに、オフはしっかり遊ぶという雰囲気も自分に合うなと思いました。人間性に魅力があり、尊敬できる松尾社長がいらっしゃることも大きなポイントでした。婦人服を中心に、生活雑貨も幅広く取り扱う会社ですが、性別年齢問わず色々なプロジェクトで社員が活躍しています。産休育休に入っても復帰する女性社員も多く、働きやすい環境だと思います。
 
—面接の際、学生のどこを見ていますか?
グループディスカッションの際には、自分の役割を把握して、目的に応じた行動ができているかを見ています。入社後も目的意識を持った行動が求められます。高額な洋服を扱っている会社なので、立ち居振る舞いも重要なポイントです。弊社にお越しいただいて、ご自分が弊社で働いているところをイメージしていただきたいと思っています。