Stalab!

大阪・西天満にある
就活スペース『スタラボ』

学生応援企業企業紹介

TOP > 企業紹介 > 人と企業と未来をつなぐ、技術者集団のNOZATOです。
人と企業と未来をつなぐ、技術者集団のNOZATOです。

企業紹介

野里電気工業は、1947年(昭和22年)大阪市西淀川区野里の地に、電気工事を行う企業として産声をあげました。以来、一貫して電気設備工事を中心にさまざまな事業に取り組み、現在も多くのお客様から高い信頼をいただいています。

電気設備工事は、建物の工事よりも、工場・プラントの工事が中心です。 また、電気設備工事だけでなく、制御盤の設計、駐車場の管理運営、太陽光やバイオガス発電所の施工等も行っています。

 

5年に1回、周年行事を行っています!!

私たち野里電気工業は、2017年に創業70周年を迎えました。当社は「技術力」で人と企業と未来をつないできました。「技術力」の高さはさることながら、当社にとって最大の財産は「人」です。いまベテラン社員から熟練の技を学ぶ若手社員は、いずれ先輩と同じように熟練の技を身につけ、学んだ技術を未来の若手社員へ伝承していくでしょう。

これからも「人」を育て、100周年に向けて一緒にがんばっていきませんか。70年間一度も赤字で決算を終えたことはなく、毎年売り上げを伸ばしています。

また、当社では5年に1回、周年行事を行い社員同士の懇親を深めています。

2017年は4班に分けて全社員で香港に慰安旅行へ行きました。3泊4日という限られた時間ではありましたが、同期入社仲間と久しぶりに会うことができたり、電話でしか話すことの無い遠方同士の社員が仲良くなったりと、非常に楽しい旅行でした。

まだ行き先は未定ですが、2022年に慰安旅行を計画中です!!

 

社内行事でソフトボール大会も毎年開催。風通しの良い会社です!

野里電気工業では毎年5月に新入社員全員を含めた関西地区の社員同士で、新入社員対抗ソフトボール大会を行っています。

会社の事務所からすぐ近くにあるナイター設備が整った野球場を使っています。そのため、ソフトボール大会を業務終了後に開催することができるので、例年先輩社員も多数参加してくれています。

このソフトボール大会は新入社員が入社して約1ヶ月後に行うので、先輩社員にとっても新入社員の顔と名前を覚えるいい機会となり、また新入社員にとっても先輩社員を覚えるいい機会となります。

ソフトボール大会のチーム分けは各チームリーダーがドラフト式で新入社員を自チームに招き入れます。各チームには先輩社員約15名、新入社員約5名となり、毎年白熱した試合となります。

配属後も各営業所や部署毎で、歓送迎会等の飲み会やゴルフ大会等を企画し、社員同士の親睦を深めているので、風通しの良い会社です。社内行事を多数企画しているので、新入社員の方も馴染みやすい会社です。

 

入社後6ヶ月で新入社員研修・中間発表会を行っています!

当社の新入社員研修についてご紹介します。 新入社員研修は大きく3つに分け、全体で1年間行っています。

 

①社会人基礎研修

入社後2週間の導入研修です。社会人のマナー、会社の組織・規律、パソコンの基礎等を学びます。

 

②電気基礎技術研修

技術職と営業職は引き続き2週間、電気回路の基礎、電気工事で使用する材料の選定、制御盤の設計基礎等を学びます。

 

③現場実務研修

翌年3月末まで約11ヵ月間、仮配属先で実施しています。この研修はOJT研修で、各部門のトレーナーが新入社員に実務を指導します。

 

これらの研修期間の中間にあたる10月に、新入社員が指導を受けた内容と今後の目標について発表会を行っています。 新入社員にとっては約半年ぶりの再会となり、お互いに成長した姿を見せ合う場となっています。中間発表会には、会社役員並びに新入社員トレーナーをはじめ、新人研修講師が出席し、大勢の前での発表となります。

例年、緊張を隠せない新入社員も見受けられますが、準備した資料に基づき、素晴らしい発表をしてくれます。中間発表会での経験を実務に活かし、更なる成長を期待しています。

 

野里電気工業株式会社ホームページはこちら

リクナビからエントリー