Stalab!

大阪・四ツ橋線本町駅すぐにある
就活スペース『スタラボ』

学生応援企業企業紹介

TOP > 企業紹介 > 街の景色をつくる。
街の景色をつくる。

企業紹介

高橋カーテンウォール工業は高層建築物の外壁をオーダーメイドで作っている会社です。大阪では大阪駅やグランフロントなどで当社の製品を目にできます。そのような街を代表する建物の、顔となる外壁に携われることが当社の魅力。同じものは二つとありませんので、自分の仕事が、自分の生活する街の中で見られ、地図にも残る仕事です。

カーテンウォールって??

建物の骨組みに外壁のパネルをカーテンのように吊るす工法を『カーテンウォール工法』といい、その外壁のパネルのことをカーテンウォールといいます。

材料の違いから、おおまかにコンクリート系と、ガラス系があり、当社はコンクリート系のカーテンウォールを扱っています。 製品は工場で製造しますので品質が安定し、また、壁面の窓ガラスやサッシも製造時に組み込むため、精度の高い製品ができます。建設計画に沿い製造していたものを取付のタイミングに合わせて出荷しますので、天候にあまり左右されず、建設計画がスムーズに進みます。

取付時は建物周囲に作業足場を組む必要がなく、工事期間の短縮となり、建設費用の削減につながります。高齢化などに伴う職人不足の面からみても、現場での作業の軽減に効果的なカーテンウォール工法は、高層ビルの建設には欠かせない技術となっています。当社はそんなコンクリート系カーテンウォール業界の、全国シェア№1企業です。

大阪支店の営業部の女性社員に話を聞いてみました。

―なぜ当社に就職しましたか?

就活当時、大阪支店では大阪駅ビルや梅田阪急ビルなどの大型物件を施工中で、そのような大きなプロジェクトに関わる仕事が面白そうだと思いました。

また、会社説明会で工場見学をさせてもらった滋賀工場の印象が良かったからです。

―仕事のやりがいは何でしょう?

プロジェクトの始まりである、製品を設計事務所にPRするところから、製品が採用され受注から最後の納品まで案件に関われることにとてもやりがいを感じます。長期に渡って物件を担当しますので大変なことも多いですが、その分受注できた時や、製品を納めて竣工した時の喜びは大きいです。

―職場の雰囲気はどうですか?

大阪支店は社員数の割にオフィスが広いため、基本的に落ち着いた雰囲気です。静かすぎて図書館かと思うような時もあります。ただ、面白い人が多いので休憩中の雑談などは楽しいです。なるほど…。 ちなみにこちらの方は文系学部卒で、入社後2年ほど工場で研修し、営業に配属されました。工場で製品づくりをしっかり学ばれたので本当に頼もしいんです。

会社設立53年、まだまだこれからです。

当社は作っているものこそ大きいですが、各部署での仕事の内容はとても地味です。最新技術が次々と導入されたり、世の中を大きく動かす仕事でもありません。けれども仕事の重みはあります。建物の外壁なので、適当なものであってはいけません。

地震にも強い安全な製品であること、街の景観を良くするような綺麗な製品であること。そのような製品を作るためには、営業から設計、工場での製造、現場での取付の、どの過程でもきっちりした仕事が必要になります。ブロック塀を作る会社として創業し、現在は東京本社、大阪支店、関東に3工場、関西に1工場を持つまでになったのは、会社を支えてきた先輩方の、そのような地道な仕事の積み重ねの結果です。

創業時から比べると成長した当社ですが、まだその途中です。そのひとつが会社の制度です。最近では、新入社員に対して奨学金の返済補助制度などを導入しました。できること、できないことはありますが、より良い会社となるよう模索しています。写真は2017年の本社忘年会の様子です。

 

高橋カーテンウォール工業株式会社HP

マイナビからエントリー