Stalab!

大阪・四ツ橋線本町駅すぐにある
就活スペース『スタラボ』

学生応援企業企業紹介

TOP > 企業紹介 > 「人のために役に立つ」ことを実感できる職場です!
「人のために役に立つ」ことを実感できる職場です!

企業紹介

きらくえんは、1982年から兵庫県下で、特別養護老人ホーム、ケアハウス、認知症の方々のグループホーム、デイサービス、ショートステイ、ホームヘルパー、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターなど併設した高齢者総合福祉施設を運営する社会福祉法人です。法人理念「ノーマライゼーション」~どんなに重い障がいがあっても、地域の中で一人の生活者としてのくらしを築く~ことの具体化を目指して様々な取組みをしています。



介護を取り巻く社会背景と介護業界の未来

介護の仕事と聞くと、「身の回りのお世話」「3K」「4K」というイメージが強いかもしれませんが、「介護業界の将来性」という視点で考えてみたことはありますか?日本は、世界に類を見ないスピードで超高齢化社会を迎えています。現在65歳以上の高齢者は4人に1人ですが、2025年には3人に1人と更に高齢化がすすみます。そのため医療・介護などの社会保障費の増大による財政圧迫や、人口減少による介護力の不足など、様々な社会問題となっています。また、認知症の高齢者の増加や、高齢者世帯、ひとり暮らしの単独世帯が急増すると見込まれています。そのため、何らかの介護が必要となった時、家族以外のサポートが必要となっていきます。現在介護職員として働く人は約180万人ですが、2025年までに更に100万人以上が必要とされています。今後ますます、介護のプロとして働く人材が多く求められるようになります。AI(人工知能)などの発達により、10~20年後には仕事が機械にとってかわられ、約50%の人が失業するのでは?という予測がでていますが、福祉や医療関係の仕事は、90%の可能性で生き残る仕事とされています。


きらくえんのこだわり

“きらくえん”では…、ただ単に食事や入浴、排せつなどの身の回りのお世話をするだけが介護の仕事とは考えていません。きらくえんでは「ノーマライゼーション」を法人理念にかがげ、どんなに重い障がいがあっても、たとえ認知症があっても、その人らしく生活できるようにサポートすることを目指しています。介護とは「高齢者一人ひとりの命と生活を発展させるもの」です。人生の完成期を、一人ひとりの高齢者が最期までいのちを輝かせて生きることができるようにサポートすること。それが介護の仕事です。きらくえんでは、施設への入居であっても、使い馴染んだ、家具や身の回りのものを持ち込んでいただき、その人らしい暮らしを継続していただけるようにしています。そしてお食事やお茶の時間は家庭的な雰囲気のリビングで過ごしていただいています。また、入居者1人ひとりのペースに合わせて過ごしていただく個別ケアにも配慮しています。そのほか、施設内には本格的なバーコーナーや喫茶室、ギャラリーなどもあり、入居者・利用者だけではなく地域の皆さんにも開放し楽しんでいただいています。


無資格、未経験でも安心の研修体制!

介護業界というと、福祉系の大学や学校を卒業し、専門の資格がないと難しいのではと思われるかもしれませんが、実際にきらくえんで働いている職員は、福祉系以外の学部や学校から入職する人のほうが多いんですよ。無資格・未経験でも、研修制度やプリセプターシップ(先輩が1年間新人について指導する)でフォローをするので安心して入職していただけます。また、働きながら介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャーなどの資格を取得する職員が多く、そのための支援も行っています。女性の多い職場ですが、女性のライフサイクルにも配慮し、産休・育休後もほぼ100%で復帰しています。その時々のライフスタイルに合わせて長く働き続け、1人ひとりの職員のキャリアアップを応援しプロとして成長していける職場です。2017年4月からは、新人事制度がスタートします。リーダー、管理職をめざすマネジメントコースと、専門職をめざすスペシャリストコースを設け、定期的な育成面接で上司と相談をしながら、1人ひとりのキャリアアップを図っていきます。このようなきらくえんで、あなたの可能性を拡げてみませんか?

社会福祉法人きらくえんホームページ
Facebookきらくえん採用ページ
マイナビからエントリー
リクナビからエントリー