Stalab!

大阪・四ツ橋線本町駅すぐにある
就活スペース『スタラボ』

学生応援企業企業紹介

TOP > 企業紹介 > 「心を癒す」「想いを伝える場を提供する」という使命とともに。
「心を癒す」「想いを伝える場を提供する」という使命とともに。

企業紹介

「湯灌(ゆかん)の儀」をご存じでしょうか。故人様をおみおくりするために行う儀式の一つで、数年前に映画がきっかけで話題にもなったご遺族様の故人様への想いをこめて故人様の身体を清める儀式。その「湯灌の儀」を後世にまで残していくために1987年に業界のパイオニアとして事業をスタートたのが当社です。儀式を通じて命の尊さを深く感じて頂くことで、命の大切さを思い合える社会づくりに貢献します。


笑顔になれる職場だから、悲しみから輝きを見つけられる

社員全員が口を揃えるこの仕事のやりがいは、ご遺族様から「ありがとう」の言葉を常にいただけること。けれど、一番心に響くのは、湯灌の儀を終えられた故人様に向かい、ご遺族様がかけられる「ありがとう」の言葉。故人様の人生全てに向かって投げかけられたその言葉の重さは、どんな「ありがとう」にも変えがたいものです。この仕事は、そういった「人の想い」に毎日のように触れる仕事なのです。
「悲しみに寄り添うこと」。
それは、新たな旅立ちを見送る私たちにとっては、 仕事であると同時に、託された大切な役割にほかなりません。
私たちの仕事は、故人様の尊厳を守り、 新たな旅立ちへの身支度を整える大切な儀式を行うこと。 つまり、悲しみに寄り添いながら、故人様とご遺族のために、 「湯灌」という儀式を粛々と進めていく。 それが私たちに託された大切な役割なのです。だからこそ、当社の社員は笑顔の大切さを知っています。
自分の笑顔が仲間を支え、自分を成長させる力になれること。笑顔になれる職場だから、悲しみの中から輝きを見つけることができると考えています。


実はとてもクリエイティブな仕事です。

儀式自体は厳粛で、古くからのしきたりも大切に決められていることが多いのですが、私達がサービスを提供する対象は、あくまでも「人」。
ご遺族の方のお話にも耳を傾けながら、「その方に対して自分にできることがあるとしたら、それは何だろう?」と常に考えています。たとえば、「故人様は赤い色が好きだった」というエピソードを聞けば、赤い色の遺品を棺の中でそっと故人様の手にお持たせしたり。
後日そんな行動に対してご遺族の方から「あなたに担当してもらえて本当によかった」とお礼のお手紙をいただくこともあります。
学部/学科は不問ですが、意外にも芸術系学部出身の方や、学生時代に演劇や音楽活動をした人や、イラストが趣味という方、執筆活動をされていたという方が多く活躍しています。
自分が生み出すもので相手の心を動かしてみたい、と感じられるところにそれぞれの創作的活動との共通点を感じられる方も多いようです。そもそも創業者自身が、「湯灌」というそれまでになかったビジネスモデルをゼロから確立した独創的な人物。「アイデアコンテスト」など今も社員から新しいアイデアを柔軟に受け容れる姿勢が当社の特徴の一つです。


みんな同じ不安を抱えて入社した?

「やりがいがあって人の役に立つ、素晴らしい仕事だと思う。でも、自分の仕事としてリアルに考える事ができない。」
「葬儀に参列した経験すらない私が携わってもいいのだろうか?」
「先輩のスマートで美しい所作を見るとガサツな私には向いてないと思った。」
「敬語とか、苦手だし、、」湯灌という仕事は、日常で多くの人の目に触れる仕事ではありません。
だからほとんどの方が多くの不安を抱えながら入社します。
でもどうか安心してください。採用フローの中に「体験入社」があり、社内の雰囲気や実際の現場を肌で感じる機会があります。入社後は、新入社員が「競争じゃない研修」と評価した「知らない・わからない・できない」ことを前提にした研修プログラムがあります。
先輩社員も仕事が終われば普通の若者。
休みの日にはお笑いライブの会場でお気に入りの芸人の出待ちをする社員がいます。夜行バスに乗って新作パレードが公開される度に東京ディズニーランドに行く社員がいます。
会社に来ていただければ、かつて自分と同じ不安をもった経験がある、身近に感じながらも人として尊敬できる先輩社員に出会えるハズです。

株式会社シーエスシーサービスホームページ
マイナビからエントリー
リクナビからエントリー
1億5000万人プロジェクトサイト