Stalab!

大阪・四ツ橋線本町駅すぐにある
就活スペース『スタラボ』

スタラボBLOG

TOP > スタラボBLOG > サイトリニューアルオープン!ブログスタート。
サイトリニューアルオープン!ブログスタート。

スタラボBLOG

このたびスタラボサイトがリニューアルされ、新しくスタートしたこちらの「スタラボブログ」では、普段から関西圏を中心に数多くの企業人事担当者や経営者の皆様、そして就職活動中の学生さんと接しながら企業の新卒採用活動と学生の就職活動を応援する客観的な立場から、感じたことや取り組みなどざっくばらんに発信していきたいと思います。

スタラボが本格的にサービスを開始したのが、3年前(2016年卒向け)
この3年間の中でも、採用時期の変更など採用市場も年々、複雑化、多様化しています。

また、インターネット環境やモバイルデバイス、SNSなどの情報共有サービスが便利な時代、自らが情報収集をし、選択することが容易になった今だからこそ、その選択基準を「明確にすること」と「限られた時間の中で決断すること」が求めらるようになったのはないでしょうか。

そして何よりもその選択や決断は、一人ひとり違っていいと私たちは考えています。

なぜなら、どんな時代でも企業は良い人材を採用したい、学生は良い企業に入社したいという想いは不変の声です。では「良い」という基準は何でしょうか?周囲がいいと言うから良いのか?有名・人気だから良いのか?私たちは違うと思います。

その選択する基準には「絶対」や「当たり前」というのはないし、これをすれば絶対という「答え探し」をするのではなく、自分自身が「どう感じ、判断するか」が重要な点だと私たちは思います。だからこそ、就職活動をはじめるにあたり、学生それぞれの価値観や感性を「言語化すること」と「発信し共感・理解されること」が何よりも大切なことだと思います。

その言語化したものが、エントリーシートや履歴書になるし、発信することが面接でのコミュニケーションにつながるのではないでしょうか。
その結果、「合格」「不合格」とテストのような受かった、落ちたという気持ちになってしまう方も多いのですが、言い換えれば、「合う」「合わない」の判断なのですから、「合わない」なら入社しないほうがいいし、あなたの価値観や感性が「合う」という企業に入社したほうが、学生がよく言う「自分らしく働きたい」という、あなたにとっての良い企業なのではないでしょうか。それが金融かもしれないし、メーカー、商社かもしれない。大手企業かもしれないし、中小・ベンチャー企業かもしれない。最初から業界や職種を絞ってるほうが自らの可能性、選択肢を自らが狭めている、とってももったいないなとも思います。

まずは自分に向き合う、素直な気持ちを言語化することから始めて見ませんか?

スタラボには、自分に向き合い真剣に将来を考える学生さんを応援しようと70社以上の現役人事やスタッフがワークショップや講座、イベントを通じてサポートしていきます。本町駅と言うビジネス街のど真ん中に位置し、就活の合間の休憩スペース・就活カフェ機能としてはもちろん、Wi-Fi、フリードリンク、パソコン利用、コピー・プリンター、スマホ充電サービスなどを完備しています。もちろん完全無料です。

2019年4月1日、皆様が素敵な社会人デビューすることをトコトン応援します。